catch-img

ABテストを活用し、アプリリテンション施策の効果性を上げよう

アプリの売上を伸ばすために、さまざまな施策をタイミングを変えて試してみることがあるでしょう。ただ、施策の効果をはかろうとしても、それぞれの施策がどれくらいの効果を生んだかを計るのは簡単ではありませんね。そんな時は、効果の高かったものを継続して行なっていくために、ABテスト機能が大いに役立ちます。

 

ABテストで施策の効果を上げる

施策を正しく評価するためのABテスト

ABテストは、2つ以上の異なるページやメッセージを準備します。異なるページやメッセージを表示し、それに対するユーザーのリアクションにより、どちらのページやメッセージがより効果的であったのかを知ることができます。ABテストを実施するためのツールは多くの種類があり、施策の効果を詳しく分析するのに役立っています。

 

例えば、ランディングページの効果性を確かめたいときに、2種類のランディングページを用意します。サイトにやってきた閲覧者に対して、ランダムに2つのランディングページを振り分けます。そして、どちらのランディングページの方がコンバージョン率が高かったのかを、実際の結果に基づいて判断できる仕組みになっています。

 

2つのランディングページを期間で分けて別々に成果をはかる場合よりも、同時に2つのページに振り分ける方が、より平等な条件の流入数や閲覧者の質などを確保することが可能です。より正確な施策の検証を行ないたい場合は、期間を分けずに実施されると良いでしょう。

 

また、メールマガジンを配信するという施策の場合も同様です。2つの文章を用意し、送信する読者をランダムに2つのグループに分け、2つの文章を振り分けます。それぞれのコンバージョン率を確認することで、どちらの文章が読者に興味を持ってもらえたかどうかを確認することができます。

 

ABテストを実施する意味は、効果の良し悪しを知るだけではありません。ABテストの結果を分析し、次回以降の施策に活かすことに大きな意義があります。「コンバージョンが上がらなかった施策は、何が失敗の原因なのか?」を的確に抽出し、次回の施策にはその反省点が入り込まないようにすることが大切です。

 

また同様に、コンバージョンが上がった施策からも「何が成功要因だったのか?」を考え、どんな点がユーザーの心に刺さり、行動を起こすための動機づけとなったのかを理解しましょう。のちの施策を検討するうえで、成功要因を盛り込んだ施策を検討することができます。

 

外部ツールを活用してABテストを簡単に利用、正確な評価を

ABテストで効果的なプッシュ通知やアプリ内メッセージを送ろう

私たちが提供しているリテンションマーケティングツール「LogBase」でも、施策の検証を行なうためにABテスト機能を提供しています。配信するタイミング、メッセージの内容などを複数パターンを用意して、効果的な「プッシュ通知」「アプリ内メッセージ」を発見することができます。

 

アプリのMAUが5万以下であれば、ABテスト以外にも「ユーザー分析」「セグメント配信」といった機能を無料で利用することが可能ですので、まずは是非お試しください。

 

配信するメッセージが本当に効果のあるものなのか、心配になることは多々あるでしょう。また、複数の施策パターンのアイデアを持っていて、どちらを優先するべきかの判断をつけにくいというケースもあるかもしれません。そんな時はABテストを活用して、よりユーザーに興味を持ってもらえるメッセージを発見し、アプリのリテンション向上に繋げてください。

 

まとめ

ABテストがアプリのリテンションを高めていくために重要な機能であることを解説しました。

機能を利用するだけではなく、結果を分析し、成功失敗要因を特定することで、施策をブラッシュアップしていくことが非常に大切です。

 

自社でABテスト機能を開発することが難しい場合は、「LogBase」など外部のサービスも活用しつつ、リテンション施策を行なっていくことをおススメします。

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。