catch-img

事例に学ぶ効果的なABテストの方法

ABテストは簡単にいえば、A案とB案を用意し、それを1項目ずつ比較して結果の良いものを選択し、繰り返していくものです。

 

ただし、「これは本当に効果があるのかどうか」と疑問を持つ方もいるでしょう。

ここでは、成功した実例をもとに効果的なABテストの方法について解説いたします。

 

ABテストが注目されるようになったあまりにも有名な事例

オバマ大統領が選挙に勝利した理由、それはABテストを積極的に利用したから

ABテストは現代では代表的なWebマーケティング手法として知られています。しかし、AB テストの有効性が広く知られる契機となった、アメリカのオバマ大統領の事例を紹介します。

 

アメリカのオバマ大統領は、選挙資金を集めるために公式サイトでAB テストを行い、最適なものを選んだ結果、 60 億円もの資金を集めたという結果がでました。これによりABテストという手法が一気に注目が集まりました。

 

ABテストにより変更した項目としては色目とアイキャッチ画像、そして、ボタンの文言だけです。しかし、実際にそのA案とB案とを比較してみると確かに採用されたものの方が全体として良い印象に見て取れます。

 

大統領選挙となるともちろん、その規模は違いますが、ABテストが十分に効果のある手法だということがわかる事例です。

 

Webマーケターには必須になったABテスト

Webデザインを変更するだけでCVRが336%アップ

career collegeという海外の職探しサイトでABテストを実行した結果、グローバルナビゲーションの削除とフォームの変形でCVRが336%アップしたという事例があります。

 

もともとのページ(A案)ではしっかりとボリュームのあるヘッダーでグローバルナビゲーションを配置して、右カラムにフォームが細長く配置していました。しかし、これではぱっと見てフォームが目立たないだけでなく、スクロールしない限りフォームが見えてこないという点がデメリットです。

 

一方、改善案である(B案)では、その分厚いグローバルナビを削除し、フォームを画面の高い位置に大きく目立つように配置しました。そのため、一目で訪問者が何をしたらいいのかが把握できるようになったのです。

 

この事例からフォームをページ内に配置するとき、しっかりと目立つようにページ上部においた方がCVRが向上する確率が高いということが学べるでしょう。これらを理解できたのもABテストのおかげというわけです。

 

ほんの小さな違いが大きな違いを生む

たった一単語加えただけで89.97%の売り上げ増加

MOVEXAというサプリメント販売会社のWebサイトにおいてもABテストを行った事例があります。ABテストの内容としては、サイト文章の1単語のみを変更するというものでした。たったそれだけで、それまでよりも売上が89.97%増加するという驚きの結果がでたのです。

 

この事例では、キャッチコピーがA案では「Natural Joint Relief」のみでした。一方、B案では「Natural Joint Relief Supplement」と「Supplement」の一言を足し、これがサプリメントであるということを明確化したのです。そのため、訪問者が一目で「これが何の商品なのか」と認識できるようになったためと考えられます。

 

このような小さな違いでも大きく結果が変わってくるため、いかにABテストが重要なのかというのが理解できる事例といえるでしょう。

 

プッシュ通知アプリLogBaseでABテスト

LogBaseでもABテストが可能

ABテストはささいなことに見えますが、上で紹介したように実は大きな効果とメリットがあるのです。

 

また、Webでもアプリでもマーケティングにおいて基本的にやるべきことはさほど変わりません。そのため、ABテストはアプリ運用においても十分に効果的な手法ということができます。

 

アプリのプッシュ通知で少し単語を変えたり、デザインを変更したりするだけでも、コンバージョン率やアプリへの再訪問率アップが期待できるかもしれません。

 

私たちが提供しているリテンションマーケティングツール「LogBase」でも、施策の検証を行なうためにABテスト機能を提供しています。是非、ABテストを活用して、よりユーザーに興味を持ってもらえるメッセージを発見し、アプリのリテンション向上に繋げてください。

 

まとめ

オバマ大統領のアメリカ大統領選挙をきっかけとして世に広まったABテスト。最初はWebマーケティング手法として注目を集めましたが、アプリマーケティングでも応用可能です。

 

特に「プッシュ機能でABテスト?行う意義はどれほどあるの?」と考えている方は、ABテストの検証を重ねて、その有用性を実感してください。その効果にきっと驚くことでしょう。

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。