Original

ASOの”アイコン”で抑えるべきポイントは?事例も交えてご紹介

膨大な数のアプリが日々リリースされている中、新規ユーザーの獲得がどんどん難しくなってきているアプリ業界。やみくもに広告を打つよりも有効な手段が ASO (アプリストア最適化)です。


実は競合のあのアプリはすでに行っているかもしれない。

今回はそんなASO”(アプリストア最適化)について、概要に加え、その中でも「アイコン」に絞った施策についてご紹介します。


ASOについて抑えるべきポイントは?

そもそも、ASO (アプリストア最適化)とは AppStore や Googleplay などのストア内で検索結果画面にアプリが出来るだけ多く表示されるようにすることで、ユーザーの自然流入をはかる手法です。


様々な要素を Apple や Google のアルゴリズムに最適化するように調整するのですが、中でも重要なのがこの4つ。


・アプリ名

・アイコン

・キーワード

・スクリーンショット


アプリ名は画像のように、検索結果画面やアプリの詳細ページに表示されるアプリの名前です。



アプリのダウンロード後、ホーム画面に追加されるアイコンも ASO では重要。

良いアイコンはユーザーの目を引くことができ、ダウンロードにつながります。


キーワードは AppStore のみの設定です。

「このキーワードが検索されたら、自社アプリを検索結果画面に表示させてほしい」というキーワードを合計 100 文字まで設定することができます。


また、アプリの説明が行えるスクリーンショットは AppStore なら最大 10 枚、Googleplay なら最大 8 枚まで掲載が可能。アプリを利用している画面のスクリーンショット以外にも、テキストなどを加えることができるので魅力の打ち出し方は工夫次第で無限大です。


今回は ASO に必要な4つの要素の中から、「アイコン」について解説していきます。


ASOにおける「アイコン」とは?

アプリの顔ともいえるアイコン。

アイコンに変更したところユーザーのダウンロード数が 560% 増加したという話がある一方、アイコンに変更したところダウンロード数が 34% も下がったなど、アイコン変更による影響度は高い状況にあります。


アイコンで抑えておくべき要素は3つ。


・視認性

・可読性

・オリジナリティ


ストア内にはいくつものアイコンが一覧で表示されます。その中でユーザーにとって見やすく、一見してわかりやすいアイコンは当然視認率も高め。アイコンのデザインはシンプルかつ、わかりやすいものにしましょう。


ただ、アプリ名がわかりやすいように文字を詰め込みすぎるのは NG。見栄えが悪くなってしまうため、文字はなるべく少なく、グラフィック主体のものがおすすめです。


オリジナリティを持たせることもアイコンにおける ASO では大切です。特にゲーム、カメラなどのカテゴリでは同じようなアイコンが乱立しており、よりオリジナリティが重要になっています。


ASO におけるアイコンでは、


・シンプルで目を引くデザイン

・ストア内でも見栄えのいいデザイン

・他と被らない独創的なデザイン


を意識すると良いでしょう。


また、作成する際は同じカテゴリにいる上位のアプリアイコンを参考にしてみるのもおすすめです。いくつもあるアプリの中で検索上位にいるということはよくダウンロードされているということ。全く同じものにしてしまうとオリジナリティは発揮されませんので、参考程度にチェックしてみましょう。


アイコンのデザインと同様に重要なのが、A/Bテストを実施することです。

効果の高そうなデザインを複数用意し、ユーザーの反応を見ていきます。A/Bテストを繰り返すことで、ユーザーの目を引きやすいアイコンデザインに変えていくことができます。


ASO × アイコン の事例をご紹介

「bokete」における、アイコンについて ASO で意識するべきこととは?

写真素材を使ったボケを見たり、自分でボケたりできるエンタメアプリ「bokete」の事例をご紹介します。


bokete では、


・ロゴマークのみのアイコン

・ロゴマークと文字のアイコン

・ロゴマークを背景に文字を前面に出したアイコン


など、数種類で A/Bテストが行われました。元々は、Twitter などで認知度があったため効果のいいアイコンはロゴマークのみのものだと考えられていました。


しかし結果は文字を前面に出したものがダントツで CVR が高めに。

ロゴマークのみのアイコンが CVR 1.61% だったのに対し、前面に文字を打ち出したものは CVR 8.16% とその差はなんと 2.7 倍でした。


引用:http://katsuaki.co/?p=48


CVR が高くなった要因は画像の通り、文字の内容がアプリの内容を端的にわかりやすく表すものであったためと考えられます。文字がメインのアイコンでもその内容次第で効果的な結果をだせることがわかります。


また枠についても A/Bテストの結果、メインと反対色の枠であればより効果がいいこと、背景色では他の色に変更することで CVR に2倍の差がつく場合もあることがわかっています。


まとめ

ASO における「アイコン」について解説しました。


bokete の A/Bテストでは、アプリの内容に合致したものを表現することで効果があがることがわかりました。AppStore では各アプリページのアイコンを変更することで、CTR や CVR などの効果を検証することができます。初期のアイコンで放置するのではなく、新しいアイコンの作成・A/Bテストで検証を繰り返し、アイコンの改善をはかっていきましょう。


ASO でダウンロードが増えた後は、次はリテンションを向上させるための施策が必要です。

本ブログを運営しているアイモバイルでは、アプリの成長支援ツール「LogBase(https://logbase.jp/)」を提供しています。データ分析からリテンション施策までをワンストップで実施できる各種機能を揃えていますので、アクティブユーザーを増やして収益を向上させたい場合は、ぜひ「LogBase」をご検討ください。


お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。