Original

Facebook広告を活用してアプリダウンロード数を向上させましょう

新規ユーザーをどのように増やすか、悩みの種になっているアプリ事業者の方が多いかもしれません。これまで、ASO(アプリストア最適化)や各種広告メニューについて検討されてきたことでしょう。
 

Facebookにも、アプリのダウンロードを促進する広告メニューがあります。
 

ここでは、「Facebookモバイルアプリインストール広告」が、アプリを宣伝するための広告として「利用すべきなのか?」「出稿に必要なことは?」について解説します。

 

Facebookの広告機能はアプリの入り口として有用なツール

Facebookは、世界で20億以上のユーザーが利用している最大級のSNSです。
Facebookへのアクセスは通信費がかからなくなるというモバイル回線のサービスもあるほどで、日本でも3,000万人近くのMAUがあります。


これだけ多くのユーザーが、Facebook内の友だちの投稿をチェックして、コメントやスタンプを送り合っているので、モバイルでのDAUは全世界で11億5,000万人を超えており、非常に大きなメディアとなっています。
多くのユーザーへリーチすることが可能なため、広告出稿先としてFacebookを使わない手はありません。

 

日本のFacebookのユーザー層は、40代を中心に30代、20代に広がっています。世界的には若い世代の利用が多いので、日本ならではの特徴といえるでしょう。

 

この巨大なマーケットで広告出稿ができるように、「Facebookモバイルアプリインストール広告」「Facebookモバイルアプリエンゲージメント広告」という広告メニューが展開されています。

 

また、Facebookが保有するユーザー情報を活用した広告出稿を行なうことができ、狙ったユーザーをワンクリックでアプリストアに誘導できる仕組みになっています。

 

Facebookの広告機能の使い方とコツ

「Facebookモバイルアプリインストール広告」を活用して成功した事例として、株式会社メルカリのフリマアプリ「Mercari」をご紹介します。
 

Mercariでは、「類似オーディエンス機能」を使い、競合アプリのユーザーをターゲットとして広告を配信しました。そのターゲットユーザーの中で、さらに性別や年齢、興味などでセグメント分けをし、各セグメントへの追求力が高いと思われる約30種類写真を期間ごとに配信をしたのです。


これにより効果的な広告配信を行なうことができ、結果としてCPIを大幅に減らすことができるようになりました。

 

「Facebookモバイルアプリインストール広告」の使い方

「Facebookモバイルアプリインストール広告」の使い方は以下の流れで行ないます。

 

【1】Facebook経由のダウンロード数を計測するため、アプリにSDKをインストール

【2】アプリの情報をFacebookに登録。アプリIDを取得。

【3】アプリの詳細情報(アプリ名、各アプリストアとの連携をとるためのID、アプリの紹介画像など)をFacebookへ登録。

【4】すでにアプリをインストールしているユーザーを広告対象から除外

【5】広告の作成と課金形態(CPCやCPMなど)の決定。

 

「Facebookモバイルアプリインストール広告」を運用するポイントは、Mercariの事例にもあった通り、Facebookに登録されている各ユーザーの年齢、性別、言語、興味、使用デバイスなどを活用してセグメントを作り広告配信を行なうことです。
 

各種条件で絞り込んだ際、対象ユーザー数が表示されますので、どれぐらいのユーザーに広告が表示されるかを事前に見ることができます。あまりに対象ユーザーが少ない場合は、条件を緩和して調整をかけていくと良いでしょう。

 

まとめ

Facebookの巨大なユーザーデータベースを、「Facebookモバイルアプリインストール広告」で活用することができます。効率のよい広告配信でダウンロード数のアップを狙いましょう。
 

ダウンロードが増えた後は、次はリテンションを向上させるための施策が必要です。

本ブログを運営しているアイモバイルでは、アプリの成長支援ツール「LogBase(https://logbase.jp/)」を提供しています。データ分析からリテンション施策までをワンストップで実施できる各種機能を揃えていますので、アクティブユーザーを増やして収益を向上させたい場合は、ぜひ「LogBase」をご検討ください。

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。