アプリマーケティングにおける代表的なプロモーション手法をご紹介!

「アプリを制作したけど、どうやってアプリを知ってもらえばいいかわからない」というマーケターやアプリ制作者の方の声をよく耳にします。
 

どのビジネスでもそうですが、マーケティングやプロモーションというのは非常に重要です。今回は、アプリマーケティングにおける代表的なプロモーション手法についていくつか紹介していきます。

 

アプリストアの最適化 (ASO)

アプリストアの最適化(ASO)とは、モバイルアプリ業界における検索エンジン最適化(SEO)を指します。
 

400万を超えるアプリが存在するアプリマーケットの中で、自社のアプリを見つけてもらうためには、ASOが欠かせません。ASOを行うことで、新しいアプリを探しているユーザーが特定のジャンルやキーワードで検索した際に上位に表示され、アプリを認知してもらいやすくなります。

 

ASO戦略にはさまざまなメソッドがあり、一つの大きなトピックとなるのですが、それぞれの事業に合わせ、成果が得られるASO戦略を構築する必要があるでしょう。

 

ASOについては、以下の記事で詳しく解説していますのでよろしければご参考ください。

 

ASOを活用してアプリのダウンロード数を増加させよう

https://logbase.jp/blog/aso-feature

 

SNSソーシャルメディアを使う

Facebook、Twitter、は今やマーケティングに欠かせないツールとなりました。
 

マーケティング企業のシュート(Chute)の調査によれば、10~30代の「ミレニアルズ」と呼ばれる世代の64%は、少なくとも月に1回はソーシャルメディアを通じて何らかの商品を他人にすすめているという結果が出ています。

このデータから見ても、SNSを活用することでアプリ情報が拡散される可能性が上がることがわかります。

 

最近ではInstagram、Snapchat内での写真を使ったマーケティング、You Tube内での動画を使ったマーケティングも盛んになってきています。
これらはFacebook、Twitterとは違い非言語系のコミュニケーションを主体としています。写真や動画のコンテンツが興味を惹くものであれば、全世界に情報が広がることも考えられるため、プロモーションにおいても効果的といえるでしょう。

 

また、これらのSNSでは双方向のコミュニケーションができるため、一方的に情報を発信するだけでなく、ユーザーからアプリへのフィードバックを得ることができます。ユーザーの生の声を聞くことで改善点を見つけられる点も、SNSを活用するメリットといえるでしょう。


加えて、最近では「バズる」などの言葉があるように、SNSでバズらせることで急激にユーザー間での認知が広がることもあります。「どうやったらバズるか?」を考えながらSNSを活用することも、アプリマーケティングで抑えておくべき内容ともいえるでしょう。

 

インフルエンサーを積極採用する

前述したSNSの内容につながりますが、SNS戦略を成功させるためにもインフルエンサーを起用することは現在のマーケティングにおいて重要です。インフルエンサーとは、ある特定の地域や業界で有名であり影響力のある人たちです。

 

Business 2 Communityによると、ユーザー自身が共感しているブロガーなどがすすめる商品やブランドに対し 92% もの人が信頼しており、さらに 81% の人がそういったインフルエンサーや身近な信頼できる友人から購買について影響を受けているという調査が出ています。

 

上で述べた企業のシュート(Chute)の調査によれば、このインフルエンサーマーケティングによるリターン効率は非常によい傾向で、1ドルのマーケティングコストに対して6.5ドルのリターンが平均的に見込める、というデータが出ています。SNS全盛の中、インフルエンサーマーケティングの重要性は高まっているようです。

 

さらに、「ミレニアルズのネット利用者の3分の1は何らかの商品のインフルエンサーとなっている」という結果もあり、単に「有名人」という枠に止まらず、現在では一般人がインフルエンサーとなりうる時代です。ミレニアルズというSNSやアプリの使用に慣れ親しんでいる世代のユーザーを巻き込んでいくことが、アプリプロモーションの鍵といえるかもしれません。

 

まとめ

今回はアプリの代表的なマーケティング手法としてASO、SNS、インフルエンサーをあげましたが、まだまだ他にもアイデア次第でいろいろなマーケティング手法が考えられます。
 

是非、ご自身のサービスに適したマーケティング手法を考えてみてください。

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。