catch-img

リテンションマーケティングでアプリ継続率アップを目指す!その方法とは

アプリの継続率が思ったような数字にならず、何とか改善したいと考えていませんか?リテンションマーケティングという言葉を聞いたことがあり、試してみたいとお考えの方に、その方法をご紹介します。
 

具体的なリテンション施策を知り、アプリの継続率アップにお役立てください。

 

リテンションマーケティングを使ったアプリ継続率改善

アプリの継続率アップのため、リテンションマーケティングを行なうアプリ事業者が増えています。
ここでは、リテンションマーケティングの概念と、アプリにおける具体的なリテンション施策にはどうったものがあるのか説明します。

 

リテンションマーケティングとは

リテンションマーケティングの「リテンション」とは、「顧客維持」のことを指します。リテンションマーケティングとは、既存顧客との関係性を維持して強め、アプリに愛着を持ってもらうことで優良顧客を育て、収益を上げようという施策のことです。

 

一般的に、既存顧客向けの施策と比べ、新規顧客への施策は5倍もの労力がかかるといわれており、既存顧客向けの施策の方が低コストで売上向上の効果が出やすいといわれています。

 

リテンションマーケティングの効果は以下があります。

 

・既存顧客への利用促進

・休眠ユーザーや離脱者の呼び戻し

・顧客満足度の向上

・ロイヤル顧客による新規顧客呼び込み

 

リテンションマーケティングで重要なポイントは、顧客を年齢や性別、興味などでセグメント化して、そのセグメントに合ったきめ細やかなアプローチをかけることです。アプローチの結果は測定し、次の施策に活かすというプロセスを循環させていくことで、施策の効果を上げていきます。

 

これらを踏まえ、アプリにおけるリテンション施策はどう進めていくべきか、具体的に見ていきましょう。

 

アプリにおけるリテンション施策

アプリにおける具体的なリテンション施策には、以下があります。

 

・プッシュ通知を活用した、ユーザ属性に応じた休眠ユーザー呼び戻しやリピート購入の促進

・操作性の改善による顧客満足度の向上(ユーザーレビューも参考にする)

・友達紹介により有料アイテムなどの報酬が得られるようにしてロイヤリティの向上を促す

 

特に1点目の「ユーザ属性に応じた休眠ユーザー呼び戻しやリピート購入の促進」は、アプリの継続率に大きく影響する施策です。アプリのリテンションマーケティングにおいて、プッシュ通知が占める役割が非常に重要なことが理解できるでしょう。

 

継続率アップに有効なプッシュ通知

継続率アップにはプッシュ通知が重要という話をここまでしてきました。

次に、具体的になぜプッシュ通知が有効なのか、またユーザーの行動を分析する必要性について説明します。

 

プッシュ通知で継続率アップできる理由

プッシュ通知機能を活用すると、なぜ継続率アップが見込めるのでしょうか。その理由をまとめると、おおむね3点になります。

 

・単純に忘れていたことを思い出す
・追加料金なしで新機能が使えるようになったことや、
 ゲームなどで有料アイテムが無料配布されるなどの特典を知って起動したくなる
・使いにくいと思っていた部分が改善されていることを知り、再び興味を持つ

 

忙しくてしばらくアプリを起動できない時期が続くと、アプリを気にかけること自体が少なくなり、やがて利用しなくなるというのは多くのスマホユーザーの傾向です。

 

その状況から再度アプリに興味を持ってもらうには、ユーザーにとってお得だと思える情報や、便利そう、楽しそうだと思える情報を伝える必要があります。プッシュ通知であれば、その情報をダイレクトに届けることができます。画面に通知が表示されたときに、ユーザーにとって有益な情報が分かるようにすると、より大きい効果が見込めるでしょう。

 

ただし、注意すべきこととしては、ユーザーにとって有益でないプッシュ通知を何度も送り続けていると、プッシュ通知自体がブロックされる可能性が高まるという点です。


ここで重要になってくるのが、プッシュ通知に対してユーザーがどういった反応をしているかを分析することです。

 

ユーザーにとって有益なプッシュ通知を届けるには分析も重要

プッシュ通知がより良い効果を発揮するには、プッシュ通知を届けるユーザーにとって最適な「タイミング」と「内容」であることが重要です。

 

そのために、プッシュ通知が開封されているか、更には通知を開封してアプリを起動した後、コンテンツの消費に結びついているか、課金に結びついているか、といった分析・計測を行ないましょう。

 

その分析結果を見ながら、ユーザーにとって最適な「タイミング」と「内容」をブラッシュアップすることで、より良いプッシュ通知を行なうことができます。

 

まとめ

「リテンションマーケティングとは何か」という基本的な説明から、「具体的なアプリのリテンション施策」まで解説しました。
 

プッシュ通知はアプリの継続率を上げるために有効なリテンション施策のひとつです。ユーザーの反応を確認しながら、よりユーザーの気持ちに寄り添ったプッシュ通知を届けることで、アプリの継続率をアップさせましょう。

 

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。