catch-img

動画広告は活用すべき?市場規模や広告効果について解説します!

アプリプロモーションでの活用が広がっている動画広告。

生活者として触れる機会はあるものの、自社で実施する場合に「どの程度新規獲得できるのか?」「広告効果は良いのだろうか?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな動画広告の市場規模や効果性について解説します。自社で活用すべきかどうか、是非参考にしてみてください。

 

動画広告の市場について

動画広告の市場規模は年々拡大中

動画広告の市場は年々拡大し、2017年の動画広告市場は前年対比163%となる1,374億円に達する見込み。市場が成長している要因としては、動画広告が配信できる媒体やフォーマットが増えたことや、ブランディング目的での活用が広がったことなどが挙げられます。

 

なかでもスマートフォン動画広告の成長は著しく、前年対比で190%・1,096億円にも拡大し、動画広告市場の約8割を占めています。動画広告市場は今後も伸び続け、2019年には2,322億円、2023年には3,485億円に達する見通しです。

 

(サイバーエージェント オンラインビデオ総研/デジタルインファクト調べ)

 

なぜ動画広告は伸びているのか?

動画広告市場がここまで伸びている理由は、誰もがスマートフォンを持つようになり、生活の中でのメディアへの接触態度が変わってきたことも1つの要因だと考えられます。

 

 

上記のグラフからも読み取れるように、その変化は特に若い世代でよく見られ、男性の10~30代すべての世代でwebへの接触時間はテレビより2.5倍以上長い結果になりました。また、男女すべての世代の中で最もwebへの接触時間が長いのは、20代の女性です。

 

動画広告の効果は?

他の広告手法と比べてクリック率(CTR)が高い

動画広告はその他の広告と比べてクリック率が高いことが特徴。

 

その理由は動画広告の持つ圧倒的な情報量と、多様な表現方法です。

従来は画像と文字を組み合わせた広告ですが、動画にすることで、メッセージがより生活者に届き、またブランドイメージも伝わりやすくなります。

 

クリック率の高さは数字にも表れており、PCの通常バナー広告が0.11%、スマートフォンの通常バナー広告が0.27%なのに対し、動画のバナー広告は0.42%と高めです。デバイス別で比べると、スマートフォンの方が高い傾向にあります。

 

業種別での動画広告クリック率を比べてみると、は車、スポーツなどの「趣味系」、「ショッピング系」、転職、語学教室などの「ビジネス系」はクリック率が0.60%を超えており、動画広告との相性が良いことが分かります。

 

他の広告手法と比べてコンバージョン率(CVR)が高い

動画広告は他の広告よりも圧倒的に印象に残りやすく、一般的なバナー広告と比べると1.6倍もの人が後々まで広告内容を覚えているという調査結果があります。(電通・ディーツーコミュニケーションズ調査)

 

圧倒的に人の記憶に残りやすい動画広告は、そのコンバージョン率も高め。

ただデバイス別で見てみると、クリック率はスマートフォンの方が高かったにも関わらず、コンバージョン率はPCが4.1%、スマートフォンが1.4%となっており、PCの方が約3倍高いコンバージョン率です。

これはパソコンの方が動画広告で関心を持った人が、そのままスムーズに購入動作に移れることが要因でしょう。

 

ここまでで、動画広告を活用するメリットががわかっていただけたかと思います。次項では、「どこで動画広告を出稿すべきなのか?」についてご説明します。

 

どこに動画広告を出稿すべき?

動画広告を商品別にみてみると、インストリーム広告、インフィード広告の順番で規模が大きいことが読み取れます。

 

 

最も規模の大きい、動画を閲覧する直前に流れるインストリーム広告は、主にYouTubeでの広告が大半を占めます。そのため、様々な人に届けたいなら圧倒的なリーチを誇るYouTubeへの出向が最適でしょう。

成長中のフォーマットで生活者の関心を惹くのであれば、インフィード広告がだせるメディアもおすすめです。

 

動画広告を出稿する際は、目的に合わせて利用すべきプラットフォームを選択し、検討してみてください。

 

まとめ

今回は動画広告市場の状況や、動画広告のメリットについて考察しました。

リーチできる広告在庫量も年々増えており、クリック率やコンバージョン率も通常のバナー広告も高く、新規ユーザーの獲得に動画広告は適しています。ぜひ検討してみてください。

 

なお、アイモバイルでは「maio(https://maio.jp/)」という動画アドネットワークにて新規ユーザー獲得のサポートを行っています。ご興味のある方は是非お問合せください!

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。