catch-img

徹底解説。マーケティング手法、ABテスト

ちまたでは様々な「マーケティング手法」が紹介されています。インターネットが登場してからというもの、そのターゲットとなるユーザーは増え続けているため、以前にも増して、その重要性は増していることでしょう。


今回は、その中でもよく耳にするキーワードである「ABテスト」について解説していきます。

 

ABテストとは

アプリ制作者にかかわらず知っておきたいマーケティング手法

Webマーケティングの世界では「ABテスト」というキーワードをよく耳にします。

これは、Webマーケティングにおいての施策判断のための手段となり、Webサイト改善においてABテストは必須といわれています。

 

しかし、そもそもABテストとはどのようなものなのでしょうか?

原始的なABテストの意味としては「A案とB案をだして比較する」というものになります。

 

しかし、Webマーケティングの世界では「ある特定の期間にページの一部分を2パターン用意して、どちらがより効果の高い成果を出せるのかを検証すること」です。単純に捉えれば「どっちがいいか比べてみよう」ということになります。

 

ABテストは具体的に何をテストするのか

ABテストの応用範囲と例

しかし、単純に「どっちがいいのか比べてみる」といっても「何を比べたらいいのか」がピンとこないかもしれません。

 

「具体的に何を比べたらいいのか」は自社が提供しているサービス内容で異なり、アイデア次第で意外なものが見つかる可能性が高まります。いくつか代表的なものを並べてみましょう。:

 

・レイアウト

・コピーライティング

・ボタンの配置、文言(CTA)

・ターゲット、ペルソナ

・イメージ写真、商品写真(写真の有無)

・価格

 

もちろんこれ以外にもABテストの対象となるものはあるでしょう。

また、Web(=オンライン)だけはなく、オフラインでも適用可能です。例えば、実店舗でイメージ写真や商品写真、価格などのABテストを行なうこともできます。

 

ABテストをする上での注意点

ABテストはただすればいいわけではない、その注意点を紹介

ABテストは基本的に「ただ比較する」だけです。そのため、「わざわざABテストという名称までつけられている理由がわからない」という方もいるかもしれません。

しかし、ABテストは「正しいやり方」があるため、厳密にいえば適当に比較するわけではありません。

 

もっとも大切なやり方としては「基本的に検証項目は1回につき1つ」ということが挙げられます。

これは、問題点の抽出と改善点を明確化するためです。

つまり、全体的な改善というよりは最終段階の細かい微調整などにおいて、ABテストは有用です。

 

さらに、ABテストにおける評価ポイントやゴールとしては「購買しない理由をなくす」「価格や文章の再評価」「根本的なレイアウトの改善」など3点が挙げられます。これらを目標にABテストを実行していきましょう。

 

また、ABテストにおいては「繰り返し」が重要となってきます。

なぜなら、基本的に「検証項目は1回につき1つ」となっていますので、1回のABテストでの差異はわずかなものとなるからです。テストを繰り返すことによって、最終的に大きな違いを生み出すことができます。

 

ABテストはアプリでも応用可能

ABテストで効果的なプッシュ通知やアプリ内メッセージを送ろう

これまでweb中心の話をしてきましたが、ABテストはもちろんアプリ運営でも応用可能です。

 

私たちが提供しているリテンションマーケティングツール「LogBase」でも、施策の検証を行なうためにABテスト機能を提供しています。配信するタイミング、メッセージの内容などを複数パターンを用意して、効果的な「プッシュ通知」「アプリ内メッセージ」を発見することができます。

 

配信するメッセージが本当に効果のあるものなのか、心配になることは多々あるでしょう。また、複数の施策パターンのアイデアを持っていて、どちらを優先するべきかの判断をつけにくいというケースもあるかもしれません。そんな時はABテストを活用して、よりユーザーに興味を持ってもらえるメッセージを発見し、アプリのリテンション向上に繋げてください。

 

まとめ

ABテストとはそもそも何なのか、また何をテストすべきか、といった内容について解説しました。

 

ABテストはレイアウト、コピーライティングなどのひとつひとつの項目を比較し、どちらかベストな方を採用するという、Webマーケティングにおける代表的な手法です。また、Webだけでなく、リアルな店舗やアプリでも応用可能な手法です。

 

正しいABテストを実施して、ユーザーに喜ばれるサービスを提供していきましょう。

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。