catch-img

アプリプロモーションで押さえておくべき“ROI”と“ROAS”の概念

広告出稿した後に必ずチェックする様々な指標。

中でも“ROI”と“ROAS”は混同しやすく、具体的な内容はなかなか理解しづらいものがあります。

 

そこで今回はこの2つの指標の概念、違いを解説。

どの広告チャネルでの出稿がいい効果を生み出したのか、費用対効果を正確に測る際に参考にしてください。

 

“ROI”とは?

ROIとはReturn On Investmentの略で、投下した広告費に対する利益ベースの効果を見る指標です。

計算式は以下のようになります。

 

ROI=利益÷広告費×100

 

例えば50万円の広告コストをかけ、利益を100万円生み出したとすると、ROIの計算式は

 

100万円÷50万円×100=200%

 

となり、1円の広告費あたり2円の利益が出たというわけですね。

 

“ROAS”とは?

ROASとはReturn On Advertising Spendの略で、投資した広告コストに対して、どれだけ広告経由の売上が発生したのかを測る指標です。投資した広告コストの回収率を表し、投資した費用が何倍になって返ってきているのかを見ることができます。

 

ROAS=売上÷広告費×100

 

という計算式ですから、例えば50万円を投下した広告で売り上げが200万円あった場合、ROASは

 

200万円÷50万円×100=400%

 

となります。

広告費に対して400%の売り上げを獲得できた、つまり1円の広告費に対して4円の売り上げがあったということです。

 

“ROI”と“ROAS”の違いとは?

ROIとROASの違いのポイントは、利益か売上かという点。

ROIは利益ベースで費用に対する広告効果を検証でき、ROASは売上ベースで費用に対する広告効果を検証できる指標です。

 

 

そのため、どちらか一つで効果を測るのはNG。

例えば50万円の広告費用を投下し、100万円の売上、25万円の利益が出たケースですと、

 

25万円÷50万円×100=50%(ROI)

100万円÷50万円×100=200%(ROAS)

 

となり、この場合広告費以上の売上はあったものの、利益は広告費を下回ってしまい、広告を出すことで売上は伸びても利益が減り続けることになってしまいます。

 

このことから、両方の指標を合わせて活用することが大切であることがわかります。

 

まとめ

今回はROIとROASの概念、その違いをご紹介しました。

ROIは利益から見た広告費用対効果、ROASは売上から見た広告費用対効果です。

 

どちらの指標も採算の取れた広告出稿には欠かせません。

2つを組み合わせて、効果的なアプリユーザーの集客を実践していきましょう。

 

お問い合わせはこちら

「アプリユーザーの集客をしたい」
「アプリユーザーのリテンション向上を図りたい」
といったご要望やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。